お申し込みmenu

“いいものだから買う”ではなく
 “買ったらいいものだった”で回る社会に。

メロンパンフェスは、一見すると全国各地のメロンパンが集結するパンの祭典です。実のところ、開催のきっかけを生んだのは、ある社会問題でした。
それは、スマートフォンが作られる裏側で起こっている、コンゴ民主共和国の紛争問題です。バッテリーを長持ちさせるために使われるレアメタル「タンタル」が、コンゴには6~7割埋蔵されているといわれています。
このタンタルが紛争の軍資金となり、多くの犠牲者を出しました。

一方で、このような社会問題に思いを馳せるのは難しいことです。
わたしたちにも毎日を生き抜いていくための「暮らし」があるからです。罪悪感を与える方法ではなくて、作る側・買う側両方のしあわせの上で成り立つ消費を実現させたい-。そんなことを考えていたある日、わたしはいちばん大好きなメロンパンでコンゴの問題を解決できるのでは、と「メロンパンフェス」の開催を思い立ちました。

メロンパンとコンゴは関係がありませんが、いちばん大好きなものを通じていちばん何とかしたい社会問題が解決できれば、これほど嬉しいことはありません。

©2019 melonpan fes All Rights Reserved.