“もしもメロンパンと同じくらい
身近な「あるもの」が
紛争とつながっていたら、
わたしたちには何ができるだろう。”





メロンパンフェスティバルのはじまり



きっかけはひとつの動画でした。毎日手に触れ、日々の暮らしをより便利で豊かにしてくれるスマートフォン。

多くの人にとってなくてはならない存在でありながら、どこでどのように作られているかあまり知られていません。


ある日わたしたちは、スマホのバッテリーを長持ちするのに使用されるコルタンというレアメタルが、アフリカのコンゴ民主共和国で長引く紛争に大きな影響を与えていることを知ります。


老若男女問わず愛されるメロンパンと同じくらい、身近なものが紛争をつながっていたら。

その事実を知ることで、世界の動きを変えることができるなら。


「スマートフォン」が紛争と繋がっているとしたら、同じくらい身近な「メロンパン」を通じてそれを伝える活動ができるかもしれないと思い立ち、メロンパンフェスティバルは始まりました。






運営チームのメンバーが厳選した全国各地の個性溢れるメロンパンを皆さんと共有しながら、実はわたしたちの生活が世界の裏側と繋がっているということを少しでも感じていただけたらこんなにも嬉しいことはありません。



2017.1.3

メロンパンフェスティバル運営委員会 代表

平井萌